【会員トピックス】多様なニーズに応えられる!IoT時代の音声翻訳システム (株)フィート

NICTの音声翻訳システムは旅行会話に強い!

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)様の多言語翻訳技術をベースとした音声翻訳エンジンを採用しているのは、KT-NET会員の(株)シルク・ラボラトリ様の関連会社である(株)フィート様です。

NICTの音声翻訳システムが旅行会話に強いのは、旅行シーンで交わされる会話文翻訳することを目的として、旅行会話における様々な表現や音声などのデータを収集し、高精度化を図っているからです。
また、対日本語の翻訳に特化しているから、国内の利用に強みがあります。

成田国際空港(株)様で導入された旅行会話向けの音声翻訳アプリは総務大臣賞を受賞しています。
固有名詞辞書登録などのカスタマイズができるので、地域対応や様々な分野で活用していただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

専用サーバーでセキュリティにも強いから安心!

「音声翻訳アプリはいろいろあるけれど、翻訳の度にサービス提供会社にデータを吸い上げらるのは、どれだけ便利でもNG」というお客様は少なくないです。
(株)フィート様が扱う音声翻訳システムはお客様個別の専用サーバーも使用できるので、業務の守秘義務がある場所などでも導入されやすいです。サーバーからログもとれるので、分析もしやすいです。

「オリンピックが決まってから様々な分野で引合いは多くなっています。」と奥山代表取締役。
需要が高まる中、使い方にも広がりがでてきそうです。

IoT時代に相応しいプラットフォーム不問の柔軟な設計で、利用の目的に合わせて自由な実装が可能です。
製品への組み込みなど(株)フィート様が柔軟に対応してくださいます。
ご興味がある方は一度ご相談を。

【関連リンク】
・(株)フィート
http://www.feat-ltd.jp/

・どこでも翻訳
サーバーレス型多言語音声翻訳アプリケーション
http://www.feat-ltd.jp/service/dokodemo/

・こえとらアプリ
聴覚障がい者と健聴者のコミュニケーション支援アプリケーション
音声認識と音声合成技術のみを活用したサービスです。
http://www.koetra.jp/