KT-NETフェスタ2019

今年のテーマ:
「IoT×スポーツ・ヘルスケア」

2019年10月4日(金)13:00~17:45 、17:50~懇親会

 【受付開始】12:30~   ※当日受付での参加も可能です。

@ビジョンセンター田町
JR田町駅 徒歩2分、都営浅草線 三田駅 徒歩1分
参加費:無料

KT-NETフェスタはIT・IoTの活用や製品・サービス開発に関心のある
各界のイノベーター、アーリーアダプターの祭典です。

今年は東京2020のオリンピックイヤーを来年に控え、
テーマを「IoT×スポーツ・ヘルスケア」としました。
活気あるスポーツ界にIT・IoTを絡めて見えてくる可能性を探ります。

ヘルスケアとIT・IoTの事例紹介やお役立ち商品・サービスも展示します。
健康経営に取り組む企業担当者やヘルスケア関連事業者の方は必見です。

集まれ!! IT分野のイノベーター
集まれ!! スポーツ・ヘルスケアの業界のイノベーター

 

 

注目コンテンツ

基調講演
「スポーツ界からITへのRFP」

早稲田大学スポーツ科学学術院 教授
間野 義之氏

◆見どころ◆
スポーツと社会のあり方に提言を続けるスポーツ政策の第一人者に、東京オリンピック・パラリンピック前夜のいま、スポーツからIT への要求を提示していただきます。

 

 

早稲田大学スポーツ科学学術院教授。博士(スポーツ科学)。専門はスポーツ政策。早稲田大学スポーツビジネス研究所所長。東京大学大学院工学研究科非常勤講師。
1963年横浜市生まれ。1986年横浜国立大学教育学部卒業、1988年同大学大学院教育学研究科修士課程修了、1991年東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。
同年に三菱総合研究所に入社。研究員、主任研究員を務める。中央省庁・地方自治体のスポーツ・教育・健康政策の調査研究に従事。

2002年退職し早稲田大学人間科学部助教授。2003年スポーツ科学部の設立にともない同学部助教授、学部の発展改組にともない現在に至る。2007年9月-2008年8月Sheffield Hallam University, Sport Industry Research Centre, Visiting Fellow。

ゲスト講演
「プロスポーツ×ITの事例」

CATAPULT社 Sales Director
小林 泰憲氏

 

◆見どころ◆
ヨーロッパからJリーグの各クラブチームまで採用される通称「デジタルブラ」。プロスポーツ現場でIoTデータはどこまで、どのように活用されているのかお話頂きます。

 

2004年から外資系プロダクトメーカーを起ち上げ日本支社代表などを務めた後、2015年にスポーツに関わる海外メーカーのIoT関連ビジネスを日本で起ち上げ。
主にGPSの位置情報などを使ったデータや身体内部から取れるデータのIoT製品をアスリートやプロスポーツ選手達に向け展開。

 

 

 

ゲスト講演
「画像処理技術の取り組みとスポーツ等への応用」

KDDI総合研究所  執行役員 兼 メディアICT部門長
柳原 広昌氏

◆見どころ◆
2018年夏、KDDIは沖縄セルラースタジアム那覇にて、世界初となるプロ野球の自由視点映像のリアルタイム配信に成功。5Gがもたらす少しだけ未来のスポーツ観戦とは。

 

1990年国際電信電話(現KDDI)に入社.
1997年より同研究所にて,映像の圧縮伝送・編集変換・検索技術に関する研究開発,および端末プラットフォームに関する技術開発等に従事.現在に至る.博士(工学).

 

健康経営

パネルディスカッション
「オフィスヘルスケア~健康経営とIT・IoT」

”明日から採用できるオフィスヘルスケア”の提供元に健康経営の関連商品について採用現場の効果や課題を伺います。

 

 

※タイトル等につきましては、変更の場合がございます。

展示コーナー

今回のテーマに関連のあるKT-NET会員の製品やサービスを中心に、幅広いシーンにおけるITを活用したイノベーティブな提案に触れて頂けます。

協力

一般社団法人世界ゆるスポーツ協会

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)

 

 

協賛

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

お申込みはこちらから


※上記チェックボックス□をチェックいただかないと申込みボタンを押すことができません